INTERVIEW 先輩社員インタビュー

INTERVIEW 01

開発から量産まで、
幅広い工程に関われることが
プレス金型の営業の
面白さだと感じています。

2014年入社 | 営業部
Oさん

お仕事の内容を教えてください。

自動車用プレス金型の営業を担当しています。プレス金型メーカー、スタンピングメーカーを取引先として、各プロジェクトごとに必要となる金型部品を準備し納品します。既存品にない部品の製造依頼もありますので、その場合は協力会社に依頼するなどの段取りを行います。また一部のメーカーからは金型自体の制作も受注しています。
お客様からご要望を伺う際は、ただ希望された部品を用意するのではなく、今求められているものは何か、量産に向けての工程などを予測し、それに対して必要となると思われるものを前もって提案することを心掛けています。それによってより信頼を頂いたり、新しい受注につながることもあります。

どんな時にやりがいや達成感を感じますか?

プレス金型の制作は、金型メーカーからの発注後、スタンピングメーカー、一次協力会社、自動車メーカーへと、試作から量産に向けた各工程があります。弊社は、それぞれの工程の一連の流れにも関わっていることで、幅広くご提案が可能で、その過程を通して自分の手掛けたものが製品化される流れが見えることにやりがいを感じます。さらに自動車として生産・発表され、街を走る姿を見ることで、自分の仕事の価値を改めて実感することができます。

プレスセンターに応募した経緯を教えてください。

営業職や接客業等、これまでさまざまな業種を経験し、また大学で工学部出身だったので、こちらの仕事であれば、それらの経験が生かせるのではないかと思って応募しました。自動車関連の知識はありませんでしたが、上司や先輩の方と客先への同行をする中で、少しずつ知識を得ることができたと思います。担当として独り立ちした後も、こまめに気にして声をかけてもらったり、相談しやすい雰囲気の職場だと思います。

オフタイムはどう過ごしていますか?

営業職や接客業等、これまでさまざまな業種を経験し、また大学で工学部出身だったので、こちらの仕事であれば、それらの経験が生かせるのではないかと思って応募しました。自動車関連の知識はありませんでしたが、上司や先輩の方と客先への同行をする中で、少しずつ知識を得ることができたと思います。担当として独り立ちした後も、こまめに気にして声をかけてもらったり、相談しやすい雰囲気の職場だと思います。

プレスセンターのどんなところが好きですか?

営業として、自由度が高いところだと思います。自分自身で考えて自由に動けるのでやりやすいですし、これまで取引がないお客様へ提案をしたり、会社自体が工具販売から製造ラインの工事など幅広い事業を行っているので、それらを活かした提案もできます。また、創業以来の実績と信頼があることで、お客様から紹介をしていただけることも多いと思います。

INTERVIEW 他の先輩社員インタビューを読む

初めて一人で任された訪問先で、提案が認められた時の達成感は格別でした。

営業職
2017年入社

職種を超えて一緒に助け合う、アットホームで働きやすい職場です。

事務職
2014年入社